重曹とビネガーの効果的な使い方

重曹やビネガーは昔からずっと汚れを落とすために使われてきました。でも、もしその重曹やビネガーの力をもう少しパワーアップできたら?
そんな想いからミセスマイヤーズ クリーンデイの重曹クリームクリーナーとビネガージェルクリーナーが生まれました。
重曹とビネガーは昔からお掃除の必須アイテム。
もうちょっとだけ使いやすくしてレモンバーベナの香りも楽しめるようにしたわよ、とミセスマイヤーは答えるはず。

重曹クリームクリーナーでピッカピカな輝きを。

INSTRUCTIONS
重曹クリームクリーナーとは

重曹クリームクリーナーとは

重曹は別名、重炭酸ナトリウムとしても知られています。このマイルドな研磨剤入りクリーナーは、表面に傷を残したり、べたべたしたりする心配なく、表面をピカピカにするのに最適です。

どこに使うの?

どこに使うの?

浴槽や、シンク・シャワーをピカピカにするのにぴったり。またキッチンの焦げ付き汚れや焼き付いた油汚れも見違えるほど綺麗に落とします。

※木製の表面や鏡、小物にご使用するのはお控えください。

従来の重曹と何が違うの?

従来の重曹と何が違うの?

この重曹クリームクリーナーは、天然の研磨剤である石灰石配合。掃除中最後までしっかり残って効果を発揮します。しかも、しっかりとしたクリーム状だから、流れ落ちてしまうことなく、汚れを落としたいところにちゃんと留まります。

効果的な使い方は?

効果的な使い方は?

  • 調理器具: 鍋やフライパン等の表面の焦げカスを取り除き、重曹クリームクリーナーをかけてからお湯につけおきます。一時間後お湯を捨て、さらに重曹クリームクリーナーを少し足してから、磨いてください。最後に水拭きか水で洗い流します。
  • シンクと浴槽: 落としにくい石鹸カスには、重曹クリームクリーナーを付けて、スポンジや布・ブラシ等で磨いてください。最後に水拭きか水で洗い流します。
  • レンジ周り: 焦げ付き汚れ等は調理直後に拭き取るのが一番。でも、放置してしまったしつこい汚れを落とすときは、重曹クリームクリーナーを付けて、布などで磨いてください。最後に水拭きか水で洗い流します。
  • 冷蔵庫: お湯と重曹クリームクリーナーを付けた布などで、冷蔵庫の内側や棚を磨いてください。最後に水拭きします。
重曹クリームクリーナー重曹クリームクリーナー重曹クリームクリーナー重曹クリームクリーナー

ビネガージェルクリーナーで明るくクリアな輝きを。

INSTRUCTIONS
ビネガージェルクリーナーとは

ビネガージェルクリーナーとは

ビネガーはフルーツやお米、穀物類、発酵飲料等あらゆるものから作れます。その中に含まれる酢酸という成分が、汚れを溶かして落とし、表面を明るく輝かせます。

どこに使うの?

どこに使うの?

いろいろな場所の表面の汚れ落としや、シンクや水栓金具などをピカピカにするなど、家中のお掃除に大活躍。シャワーカーテンやタイルについた石鹸カスも敵ではありません。

※木製の表面や大理石、せっけん石にご使用するのはお控えください。

普通のビネガーと何が違うの?

普通のビネガーと何が違うの?

粘度のあるジェルタイプなので、汚れを落としたいところにしっかり付けられます。もう液をこぼしたり、飛び散ったりする心配はありません。自慢ではありませんが、このビネガージェルクリーナーのようなものは、あまり他では見かけないはず。

効果的な使い方は?

効果的な使い方は?

  • トイレ: ちょっとお掃除しなかったら、落ちない跡がついちゃった?そんな時はビネガージェルを付けて1時間放置。そのあと、トイレブラシで磨いてください。
  • タイル: タイルは毎回お風呂の後に洗うのが一番。でも毎日するのは面倒。そんな時は布などにビネガージェルクリーナーを取り、壁を上から下に拭いてください。
  • ドアノブ: ドアノブは皮脂汚れが付きやすいところ。特に油を使うキッチンでは思いのほか汚れています。お湯を含んだスポンジにビネガージェルを付けて拭き取ってください。
  • ステンレス: ビネガージェルクリーナーを布などに付けてこすれば、まるで新品のようにピカピカに!
ビネガージェルクリーナービネガージェルクリーナービネガージェルクリーナービネガージェルクリーナー